MENU

ビハククリアは安全?全成分効果と副作用危険度を徹底解析した結果…!

 

この記事ではビハククリアの成分について、一つ一つ紹介していきます。

 

結論から言うと、ビハククリアは非常に安全性の高い美白化粧品です!

 

成分の効果や副作用の危険性をお伝えしていきますので、ビハククリアの安全性が気になるという人はしっかり読んでみて下さいね!

 

 

 

成分名 効果 副作用危険度
水溶性プラセンタエキス くすみの原因となる水分不足や、キメの乱れを整え、すみずみまで透明感のある明るい肌に導きます。
グリチルリチン酸2K 植物由来の天然成分で、比較的安心して使用できる成分です。ステロイド剤の代用品としての効果があります。
3-O-エチルアスコルビン酸 酵素による加水分解の必要がなく、そのままの形でビタミンCとしての効果を発揮することができる成分です。
ビサボロール カモミール精油に含まれる成分です。肌荒れ防止や、シワ改善効果、防腐作用、保湿効果などがあります。
米糠抽出物加水分解液A 米から抽出される天然由来成分です。保湿効果、ホルモンバランスの崩れによる肌荒れを治める効果があります。
水溶性コラーゲン液-4 非常に不純物が少なく、粘性が強くコラーゲン純度が高い成分です。皮膚を丈夫にする力があります。
ヒメフウロエキス 紫外線による皮膚の光老化に深く関わっている酵素トリプターゼの働きを阻害し、シワの発生を予防します。
ヒアルロン酸Na-2 元々人間の皮膚内にあり、水分保持効果をもつ成分です。肌馴染みがよく、保水力があります。
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム 高い保湿力と肌なじみの良さが大きな特徴です。別名、スーパーヒアルロン酸とも呼ばれています。
加水分解ヒアルロン酸 超低分子なので肌への浸透率がとても高いです。アンチエイジング、シミやシワの改善効果があります。
トレハロース保湿 高い保湿力のほかに、肌表面に薄い膜を作って、肌の細胞を保護できる効果がえられます。
ステアロイルフィトスフィンゴシン 油にも水にもよく馴染み、吸収力が抜群です。セラミドの中で最も優れた、保湿効果があります。
濃グリセリン 濃度が84~87%の通常のグリセリンに対して、98%以上の濃度があります。肌に潤いを与えます。
トリメチルグリシン アミノ酸系の保湿成分で、植物から抽出されます。水溶性も優秀で、あらゆる製品に配合できます。
エチルヘキサン酸セチル エモリエント成分の一種です。肌を柔らかくしてくれる上、適度な潤いを与える効果があり、乾燥肌の強い味方です。
ステアリン酸POE(20)ソルビタン 界面活性剤の一種です。皮膚を滑らかにする働きがあります。安全性が高く安定性を調節できるのが特徴です。
カルボキシビニルポリマー 無添加化粧品によく配合されています。美しいツヤをもつビニールや、プラスチックの一種です。
水酸化K 代表的なアルカリ剤です。皮脂を溶かしやすくして、化粧品を染みこみやすくするために配合されています。
キサンタンガム つけた成分が肌に定着しやすくなる効果があります。肌にハリを出す効果が強いです。
ジメチコン 油にも水にも強い膜を作ります。べたつかず、さらさら、するするの感触をもたらします。
天然ビタミンE 植物油から直接抽出し酢酸をつけて安定化した成分です。血行促進、抗酸化作用があります。
BG ベタつき感の少なく、サッパリ感のある成分です。保湿剤としてとても人気のある成分です。
1.2-ペンタンジオール 合成の多価アルコールです。極めて低刺激性で、安全性が高いので、保湿剤として使用されています。
フェノキシエタノール 防腐剤の一種です。低刺激で安全な成分で、パラベンに代わる成分と言われてます。 ★★

 

副作用危険度:当サイトの独自の指標で判断しています。

 

ビハククリアに含まれる全成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

ビハククリアには副作用の危険性が高い成分は使われていません。

 

フェノキシエタノールは毒性があると言われることもありますが、少量であれば問題ないので気にする必要は無いでしょう。

 

安全性の高いオールインワンジェルを探している人は、ビハククリアを使ってみて下さいね!

 

ビハククリアを3ヶ月間使った口コミはこちらで詳しく紹介しているので、話題のオールインワン化粧品を購入する前の参考にしてみて下さい!

 

>>ビハククリアを3ヶ月間使った私の口コミ!